洋風おせちとは?

洋風おせちとは?

最近、おせちの中でも良く見かけるようになったのが洋風おせちです。
伝統的なおせちというのも良いものですが、食文化が多様化してきた日本ではいつもと違うおせちが食べたいという人も少なくありません。
また、和食そのものが苦手だという人も多く、普段から食べ慣れている洋風のおせちを好む人も少なくありません。
ここでは洋風おせちとはどんなものなのか紹介していきます。

 

おせち料理を洋風にアレンジしたものが、洋風おせちです。
有名なレストランのシェフが開発したものなども良く取り上げられていますので、雑誌やテレビなどで見たという人も多いでしょう。
和風のおせちの一部を洋風メニューにしたというものから、すべてのメニューを洋風にしたものまで幅広い種類があるのも特長です。
最近では本格的なフレンチをおせちにしたというものもあり、日本酒ではなくワインを片手にお正月を過ごすこともできるでしょう。
他にも魚介を使ったマリネやローストビーフといった高級感のあるメニューもありますので、多くの人に喜んでもらえる形になっています。

 

他にも洋風おせちですと、お子さんに人気のあるハンバーグやグラタン、エビフライといった定番のメニューが入ることも珍しくありませんので、高い人気を誇っていると言えるでしょう。
ご飯を食べるよりもパンを食べる家庭が増えているのと同様に、おせちと言えば、伝統的な和食というイメージはもう古いのかもしれません。
おせち料理とは古い新しいではないでしょうが、選択肢の1つとして洋風のおせちもあると覚えておくと良いでしょう。