おせち料理レシピ 黒豆

おせち料理レシピ 黒豆

おせち料理に欠かせないのが黒豆でしょう。
黒豆には、元気に働けますようにとの意味がこめられているのも有名な話ですよね。
まめに働くという語呂合わせからも、おせち料理にには定番の一品です。
ここでは家庭で作る黒豆のレシピを紹介してみます。

 

用意するものとしては、乾燥した黒豆と錆びた釘です。
煮汁には水に砂糖、しょうゆ、塩、重曹を入れたものを用意してください。
分量としては黒豆が300gに対して、水は10カップ、砂糖は250g、しょうゆが4分の1カップ、塩は大さじの2分の1、重曹は小さじ2分の1です。
手順としては最初に水を沸かしてから煮汁の調味料をすべて入れてしまいます。
すべてが溶けたところで、火を止めて水洗いした乾燥黒豆を入れてください。
そのまま一晩かけて黒豆を戻していきます。
調味料は後から足すことができないので、最初にしっかりと計量しておくのがポイントです。
翌日に強火にかけて煮立たせていき、アクはしっかりと取り除いてください。
アクが残ってしまうと、渋みが出てしまうので注意が必要です。
アクを取り終わったら、後は弱火にして8時間程度じっくりと煮ていきましょう。

 

錆びた釘についてはつやのある黒豆に仕上げるためなのですが、衛生的に大丈夫なのと気にする人も多いかもしれません。
その場合、鉄鍋であったり、錆びた釘の代わりにいれる専用の鉄材なども販売されているので利用すると良いでしょう。
おせちの定番料理だけに自分で作ってみたいと思う人も多いでしょうが、レシピでも触れたように黒豆はとても時間がかかる料理です。
年末年始というのは忙しい時期でもあるので、時間が取れないという人も多いでしょう。
そうした時には通販で販売されているおせち料理を利用するのも1つの方法です。