おせち料理の意味

おせち料理の意味

年末年始の風物詩の1つに数えられるのがおせち料理です。
重箱にきれいに詰められたおせち料理というのは目を引くものですし、伝統的な日本のお祝いの食事でもあります。
また、おせち料理にも様々な意味がこめられているのは多くの人がご存知でしょう。
ここではおせち料理にどんな意味がこめられているのかについて、詳しく解説していきます。

 

そもそもおせち料理というのは御節供料理と呼ばれていたものが原型だそうです。
御節供料理とは季節の変わり目とされている節に、神様にお供えものをして宴会を開く時に使われていた料理になります。
この御節供料理はもともと宮中で行われていた儀式の料理になりますが、いつしか庶民の間にも浸透し、正月のお祝いとして食べるようになりました。

 

おせち料理のメニューには様々な意味があることでも知られていますので、代表的なものをいくつか紹介しておきましょう。
おせちと言えば、数の子をイメージする人も多いかもしれません。
この数の子ですが、ニシンの卵であり、ニシンを二親とあてて、多くの子どもができるようにとの意味を込められています。
子宝と子孫繁栄、この2つを持っているのが数の子です。
数の子とともにおせちの代表格なのが田作でしょう。
田作とは小魚を甘辛く煮たものですが、これはもともと田畑の肥料に小魚をまいていたことに由来して、五穀豊穣を願うという意味を持ちます。
紅白のかまぼこもおせちには欠かせないものですが、紅にはめでたさと喜びといった意味があり、白には神聖さを表す意味があるそうです。
また、かまぼこの半円形というのは日の出をイメージさせるものであり、新年を祝うのには欠かせない食材だと言って良いでしょう。