おせち 海老

おせち 海老

おせち料理に欠かせない定番の食材としては海老があります。
そもそも祝い事の席では海老が使われることが多いのですが、火が通ることで鮮やかな朱色になることも1つの理由です。
紅白というのはめだたい席でも良く使われる色であり、料理では海老が担当していると言っても良いでしょう。
また、尾頭付きの海老というのは見た目にも豪華であるのが1つのポイントです。

 

また、海老という漢字を見るに海の老人と解釈することができます。
これは海老が持つ長い触覚をひげに見立てたものと、火を通すと腰の部分がくるりと曲がってしまうことからのイメージを重ねたものです。
この文字のイメージから海老というのは長生きをした人間の象徴とも取れ、長寿の願いをこめて、おせちに使われるようになったそうです。

 

実際に伝統的なおせち料理のメインを張っているのは、海老であると言っても過言ではありません。
焼き物として海老が使われることも多いですし、うま煮などの煮物としても使われています。
最近ではおせち料理には車海老や有頭海老だけではなく、伊勢海老などの高級なものを使われることが多くなりました。
特におせちの通販では伊勢海老が入ったものを見かけることも多いはずです。
この伊勢海老を使った料理もおせちに入ることが多くなっており、非常に目を引く存在になっています。
また、おせち料理と言っても伝統的な和食だけではなく、中華風や洋風といったものも普及してきており、そこでも海老はメインをはれる食材の1つです。
エビチリ、エビフライなどの定番のメニューはお子さんにとっても嬉しいと言えるでしょう。